京都の中心・河原町三条に位置するクロスホテル京都。今回はそこから少し足を延ばし、古い町並みが残る「京の北西エリア」を散策。都会の喧騒とはうって変わり、のどかで自然豊かなこのエリアに位置する観光名所から、穴場な観光地までを少しずつご紹介します。京都たびのちょっとしたアイデアとして、ぜひお役立てください。

たびのスタートは北野さんから

まずは、「北野さん」「北野の天神さん」の名で親しまれている北野天満宮へ。学問の神様・菅原道真公を御祭神として祀る、全国に約1万2000社ある天満宮の総本社であり、毎年、全国から多くの受験生が合格祈願に訪れます。そんな北野天満宮ですが、「天神さんの七不思議」と呼ばれる古くから伝わる七つの不思議があるのをご存知でしょうか。そのうちの1つ「星欠けの三光門」は、御本殿前にある中門を指し、「三光」の由来である「日、月、星」が門に彫刻されているといわれています。しかし、門を見上げてみても、星だけが見当たらないのです。一説では、星は、参道より三光門を見たときに真上の夜空に浮かぶ北極星を指し、実際は刻まれていないといわれています。そのほかにも、天神さまのお使いである牛にまつわる不思議や、参道の正面を避けて建てられている御本殿の不思議など。北野さんの七不思議に触れながら散策しては?

北野天満宮の広い境内には約350本もの木が植えられた「もみじ苑」があり、夏にはみずみずしい青もみじ、秋には鮮やかに色づいた紅葉を愛でることができます。1年を通してさまざまな表情を楽しむことが出来る点も魅力の1つです。

北野天満宮INFO

アクセス 「河原町三条」より、市バス10系統「北野天満宮前」下車
開門時間 6:30~17:00
※新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、開門時間は変更する可能性があります。詳細は公式ウェブサイトをご確認ください。
TEL     075-461-0005
WEB   https://www.kitanotenmangu.or.jp/

京都の北西エリアのおすすめスポットはこちら

  • その2:きぬかけの路~小さな和菓子屋さん「いと達」はこちら
  • その3:御室仁和寺駅~双ヶ丘(ならびがおか)はこちら
  • その4:京料理 佐近、桜のトンネルはこちら